潔癖症の男性と結婚するのは無理?彼女として私が見た潔癖症の怖さ

公開日: 健康な生活

潔癖症って深刻な悩み?

たまにテレビで芸能人が自分の潔癖をネタに、これでもか!ってくらい潔癖を語っていますよね。
坂上忍とか田村淳とか・・・ちょっとオーバーじゃない?と思いますが、身近にそういう人を目の当たりにすると、そうでもないな~と気づきます。

「彼氏が潔癖で困っている」「結婚を考えたいけど潔癖が気になる・・・」と悩んでる女性もたくさんいるのではないでしょうか?

程度にもよりますが、そのまま見過ごして結婚をするのは正直やめたほうがいい!と思います。

想像以上に日常生活にも影響が出るし、一緒に暮らしていくうえで大変なストレスになります。
潔癖の方をネタにしたり責めたいのではなく、しっかりとした治療をしないと深刻になるからです!

もし大事な人が潔癖に悩んでいるなら、ぜひ読んでほしいなとおもいます。

実は、私が以前お付き合いしていた彼氏が極度の潔癖症だったんです。
出会った当初は軽いものだったので、そこまで気にならなかったのですが、だんだん悪化して「強迫性障害」になってしまいました。

本人も3年近く治療をしてきて大変でしたが、大事な人ならまずは理解することが大事ですよね。
私も付き合っていく中で苦労しましたが、あのまま結婚をすることは絶対無理でした!!

本人が自覚しているかどうかも肝心ですよね。

少しでも潔癖症・強迫性障害の理解につながれば幸いです。

スポンサーリンク

身近にある潔癖症

潔癖症といっても定義は難しいですよね、心理的な部分なので。

よくあげられるのは、
・握手したり、手をつなげない
・ドアノブやエレベーターのボタンなどが押せない
・人の飲んだコップやペットボトルが飲めない
・電車のつり革が触れない

などなど・・・
ちなみに、私はとくに几帳面ではないA型(笑)
確かに公共の場へ行けば不快に感じることはありますが、「できない」ほどではないです。

1つや2つは当てはまる人もいるのではないでしょうか?
これがどんどんひどくなり完全拒否になると潔癖症といえます。

私が今まで出会った人は、自分で”潔癖症”だと感じるけど、病院にはかかったことがないという人ばかりでした。
しかも、偶然かもしれませんが男性ばかり!!

それでも、もし出会った男性がたまたま「すごくタイプだけど潔癖症」だったら、なんだかな~と引っ掛かる人多いと思うんです。

親しくなってから気づいた、同棲してから気づいたということもありますよね!

潔癖症がエスカレートしていくのを見ていた私

私の場合は、まさにある程度親しくなってから気づきました。
初めは「キレイ好きな人だな~」「几帳面・神経質な人だな~」程度だったんです。

相手もA型だったので、まあこんなもんか!と腹をくくっていました。

きっかけはおそらく東京へ転勤になり、東京のど真ん中に引っ越したことです。
遠距離恋愛で、2~3週間に一度は会っていました。
会うたびにだんだん変わっていく彼の生活と家の中・・・こんなことに気づき、私もだんだん違和感を感じ始めました。

・手をしょっちゅう洗う(洗う時間もかなり長い)
・シャワーに入ったら出てこない
・家中「アルコール除菌」だらけ
・タオルを捨てて、すべて使い捨てティッシュ

シャワーに入ったら1時間近くず~っと水が流れる音がして、ちっとも出てこない・・・
湯船も張ってないのにどうしたの?!何かあった?!と心配になるくらい。
でも聞くと「ずっと体洗ってたよ」って言うんです。

普通だったら「え??水道代ムダにしすぎじゃない?」と思いますよね・・・
もし一緒に住んでいたら余計に不快に思うはずです。

強迫性障害になってしまった彼

そんな行動がひどくなっていき、私もだいぶストレスが溜まっていきます。

どこに行っても「汚い」「汚い」って、すべてが汚いと繰り返すんです。
そりゃなんでも汚いけど、そんなもんだよ!と私は思ってしまいます。(笑)

デートに出かけても、そればっかり気になって楽しめなくなっちゃったんですよね・・・
手をつなぐこともたまにはあったんですが、なんか「いいのかな・・・」とこちらが気になってしまい、自然に繋ぐこともなくなりました。

夜の仲良しも全然なかったわけじゃないですが、その後にすごく体を洗われたらなんか嫌だな・・・と思って、こちらも自然になくなっていきました。

結局、私も彼にとってすごく汚いと思われている気がしたんです。

これは男女の間ではやっぱりナイーブなところで、かなり傷付きます。

そして、他にも気になる症状が・・・家から出られないんです!
冷蔵庫・窓・火元などが締まってるか何度も繰り返し確認するんです。
「え?さっき確認したよ?」と私が言っても、「心配なんだよ~」って。

その結果「デートに大幅に遅れてくる」「仕事にも遅刻する」という影響が出て、さすがに本人も心配になり、初めて病院に行くことになりました。
心療内科だったと思います。

そこで診断されたのが「強迫性障害」でした。

強迫性障害とは?


私は、それまでそんな病気があるなんて知りませんでした。
まさに上で挙げたような症状だったんです!

ある行為をしないでいられないことを強迫性に駆られるといいます。
不潔に思えて過剰に手を洗う、戸締りなどを何度も確認せずにはいられない・・・など。

無意識に近いような感覚で、その行動をせずにはいられないという感じです。
本人も自分の行動が異様だという自覚があるけど、やめられない、つらいと言ってました。

余談ですが、私はレオナルド・ディカプリオが大好き!で、彼の主演映画に「アビエーター」という作品があります。
その中で、強迫性障害者をもつ主人公を演じていますが、当時は何も知らずに見ていたので狂気だと思いました、正直。

血がにじむほど手を洗い続けたり・・・でも、今ならそれを理解できるような気がします。

何か生活環境が変わったり、大きな出来事やトラウマになるようなことがあったりと、刺激をきっかけに発症することが多いようです。

妊娠・出産をきっかけになってしまう女性もいたり、逆に立ち合い出産をしてショックを受けた旦那さんがなってしまったり・・・

誰にでもおこりうることなんですよね。
「いま潔癖じゃないから関係ない」というわけでもないんです。

ひどくなると学校や仕事に行けなくなり、引きこもってしまったり、周りのひとから不審がられて孤立化してしまうことになります。
やっぱり精神的なところは目には見えないので、他人から理解されづらく本当につらいと思います。

しっかりと治療すれば治ります!

でも、しっかりとした治療を受けることで治せます。
その彼氏とは色々な事情がありお別れしましたが、約3年経った今はほぼ治っています。

症状がひどい時期には会社を休職し、治療に専念していました。

潔癖症がひどく気になる場合、また強迫性障害の症状がある場合は、精神科や心療内科を受診します。
薬物療法や行動療法で”克服”することができます。
自分が汚い!無理!と思う対象を受け入れて、行動で慣らしていく方法です。

ちょっとした潔癖症と思っていても、気づかないうちにひどくなってしまう可能性があります。

本人が一番つらいのは当然ですが、そばにいる人も大変だと実感しました・・・

まだ結婚していない相手であれば、なるべく早く病院にかかって治療を始めたうえで、一緒に暮らすなり結婚するなりしたほうが、絶対にハッピーになれます!
大事な人であれば、一緒に病院に行くのも良いと思います。

まとめ

「潔癖」というととらえ方は難しいですが、私は侮ってはいけないと思います!
私は今回「相手」の立場で書いていますが、実際に経験されている人はもっと深刻ですよね。

とくに将来を考えている相手や、結婚している相手だったら、真剣に向き合ってあげたほうがいいと思うんです。
男女間はやっぱりナイーブな部分もあります。

ただ潔癖と言ってしまうと、「そういう人いるよね~」くらいに捉えられがちですが、精神的な疾患とも言えます。

それがきっかけで、海外に出られない音楽家や結婚生活が上手く行かなくなってしまった男性も、身近にいます。
見過ごしてしまうと、色々な可能性が狭まってしまい、もったいないですよね。

もっと多くの人が理解して、寄り添えるようになれば一番良いな~と思っています。

20代女性が結婚を意識した場合、今回の記事のように彼氏のことも気になりますが、自分のキャリアプラン、ずばり転職もすごく悩みます。
私も実際に色々悩んで、思い切って前向きな選択肢を選んでみました。

20代のうちに二度の転職を経験したことから、具体的に転職にあたって考えるべき点・準備するべき点をまとめてみました。

色々な角度から企業・業種をみて、様々な選択肢があることを知ることで、自分に合った働き方を見つけることができるはずです。
今後転職を考えている女性の参考になれば幸いです。

20代女性が転職成功するには?実体験から分かった準備すべき8つのこと

スポンサーリンク

ad

関連記事

ヨガで骨盤矯正!産後リカバリーにも効果的で下半身痩せも

自分では気づきにくい骨盤の歪み 「骨盤矯正」という言葉よく見かけますが、実際に何か実践したこと

記事を読む

妊活・婦人系疾患・冷え性にもにおすすめ!ヨモギ蒸しで温活をしよう

私が温活をはじめたきっかけ この時期はまだ過ごしやすい時期ですが…一年中体の冷えがひどくて困っ

記事を読む

豆乳が苦手な人におすすめの飲み方とレシピ!毎日自然に摂り入れる方法

苦手な豆乳を美味しく摂る方法 豆乳が持つ大豆イソフラボンは女性にとって嬉しい効果がたくさんあり

記事を読む

糖尿病の献立、調理、食べ方の工夫。我が家で実践している具体的な方法

ごはんをつくる側の工夫も大切 糖尿病の方にとって食事の取りかた、正直本当に難しいですよね・・・

記事を読む

かゆみ・あせも対策に「メソッドシート」評判は?使ってみたレビュー

かゆみ・あせも対策の新商品 このじめじめした季節、体のあちこちが痒くて不快。 料理中でも寝て

記事を読む

笑顔の練習と効果!笑わない生活はやばい?笑いヨガで自然な笑顔を

「あまり笑わない」は深刻!? 最近顔がカチカチなんです・・・! 年齢のせい?!と思いながらも

記事を読む

雨の日の体調不良を改善したい!気象病の原因とアプリを使った対策

天気や気圧に体調が左右される人は多い 天気が悪いとなんか体調や気分が悪いな~ということありませ

記事を読む

不妊治療はいつからどこへ行くべき?産婦人科ではなく不妊クリニックが正解

悩んでいるなら不妊専門クリニックに行くべき理由 なかなか子供ができないな・・・と悩んでいても、

記事を読む

雑穀米を美味しく食べて血糖値を下げる!糖尿病の夫を持った私の方法

1型糖尿病の夫と結婚して、雑穀米の魅力を知る 私はご飯(お米)が大好きです! 糖質抜きダ

記事を読む

子どもの集中力がない、落ち着きがないは食生活の見直しを!

子どもにとって大切な食育 勉強に集中できなかったり落ち着きのない子供たちに、なんでなんで?と攻

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

半額

【のろちゃん】

20代後半の新米主婦です。
結婚を機に生活が大きく変わり、日々いろいろと格闘中です。
好奇心旺盛でなんでもやりたがりな性格です。
趣味はヨガ・インテリア・ハンドメイド。
あまり体が強くないので、健康についても日々勉強中です。
人との出会いやつながりを大切に、毎日の暮らしを丁寧に。

【アコ】

20代中頃までスポーツ選手として世界中を駆け回り、その後、スポーツ指導者として未来のアスリートの育成に携わっていました。
趣味は、スポーツ観戦・車の運転・美味しい物を食べること。
現在は、ふたりの子どもを育てる主婦として日々、子育て奮闘中です!

その他ゲストライターも多数執筆!

婚活で専業主婦希望ってNG?女性の結婚後の働き方を考える

専業主婦希望の男性は要注意?! 「働かずに家庭にいてほしい」

女性に優しい会社・女性が働きやすい会社の矛盾。就職・転職で気を付けること

女性に優しい会社なんて本当にあるの? 就職先・転職先を探すとき、

残業が多いから婚活や結婚ができない!私は思い切って転職してみた結果

このままでは結婚できないかも!? 仕事がハードすぎて結婚どころか

結婚前の女性の転職、働き方。大企業から地元企業への転職で大失敗!

女性ならではの転職の壁 女性にとっての転職、男性よりも難しい!と

女性がやりがいのある仕事を見つけるには?私が転職で実現させた方法

やりたいことをどう仕事に結びつけるか 「好きなことを仕事にする」

→もっと見る

PAGE TOP ↑