イライラをコントロールする方法。怒りを抑えて夫婦喧嘩を減らしたい

公開日: 生き方

イライラは伝え方ひとつで大きく変わる

仕事や家庭の中で、イラっとすることや怒りがこみあげてくること毎日のようにありませんか?
夫婦や親子間など一緒に過ごす時間が長いほど、そうなってしまうのも当然ですよね。

すぐ感情的になって怒りをあらわにする人もいれば、ずっとためこんでどこかで爆発するタイプの人も。

怒りといってもイラっとすること、許せないほど腹立たしいこと、レベルがいろいろあります。
納得できないことや許せないこと、少なからずあるはずです。

我が家ではこれでもか!というほど夫婦喧嘩します。(笑)
夫はすぐに感情的になって、その場で言わなければ我慢できない性格で、私はある程度ため込んで爆発タイプ。
世の中の夫婦はこんなにも喧嘩をするのかな?と思うほどです…

毎回悩みながらも、イライラをおさえることはできなくても、コントロールすることで関係を良好に保つことができるようになってきました

怒りにまかせた言動は事態を悪化させるだけ、というのは今までの失敗からもよくわかります
言い方ひとつで大きく変わるんだな~というのが簡単ながら改めて思うことです。

夫婦間で起こるイライラ・夫婦喧嘩を中心に、怒りをどうコントロールするのか私なりの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

プライドが傷付いても相手を傷付けない

怒りにはいろいろな原因がありますが、夫婦間であるのは
・自分のプライドを傷つけられた
・相手の価値観が理解できない
・自分のコンプレックスやトラウマに触れられた

などでしょうか。

性格的なところやその人が経験してきたことに対するプライドや、逆に抱えてきたコンプレックスなど。
それらに触れられると人は感情的になりますよね。

よく電車などで口論している人(元々見知らぬ人どうし)を見かけますが、聞いているとたいてい恥ずかしい思いをしたからとか、そんなきっかけが多いです。
何かを注意されたり、否定されたり、自分のプライドが傷ついたことに対してはみんな敏感です。

もちろん相手のためを思ってとか、誰かのために怒ることもありますが、夫婦や仕事で出てくる怒りのほとんどは自尊心にかかわることだと思います。

どんなところにプライドがあるかは人それぞれですが、相手のプライドを傷つけないように向き合うようにします。

怒りをコントロールする

その怒りをおさえることは難しくても、コントロールができればだいぶ楽になります
私は小さい頃から怒るとただ涙が出てきて、泣くことで感情を発散していました。
うまくその怒りに対して、相手に対してもうまく向き合えなかったから泣くしかなかったのです…

すぐ感情的になる人は、会社でも恋愛でも必ずそういうレッテルを張られてしまって正直損ですよね。
そんな怒りを感じたらすぐに戦闘モードになりやすい人、怒りを感じてから数秒で良いので間をとるようにします。

深呼吸を入れて一瞬冷静になる
      ↓
相手がいるところであれば、ちょっとその場を離れてみたりお茶を飲んだり、5秒でも6秒でも良いので余裕を作る
      ↓
まあいいやとそれで流せるか?
本当にその怒りをぶつけるべきなのか?言うことで何か改善が期待できるか?考える

結果「許せない!」と判断して相手に伝えるにしても、間をとることで少しはソフトな対応になるはずです
伝えることが悪いことでなく、言い方や態度をちょっと改善できれば自分の怒りをコントロールできていることになります。

自分を客観的に見つめることは簡単ではないですが、少しの余裕を作るようにしてみましょう。
私は毎回カウントするように間を取って、自分に冷静にと言い聞かせます。

ただ怒り任せに感情をぶつけ、余計なことをいってしまっても、こじれるだけだったりするからです。

売り言葉に買い言葉

冷静になってから「なんであんなこと言ったんだろう」と後悔したこと、何度もあります。
「売り言葉に買い言葉」とよく夫に言われますが、これはお互いさま。(笑)
ついカッとなって強く言いたくなりますよね…

たとえば、夫は着たものを浴室に持っていかず脱ぎ散らかします。(笑)
何も言わず見過ごすようにしていましたが、忙しいときに余計な仕事を増やされるとつい言いたくなります。
「なんでそんなこともできないの?!」とか「バカじゃないの?」とか余計な一言も…
冷静なときは「ねぇこれ入っていないんだけどなんでかな~」と軽く伝えることもできます。

言い方ひとつで火が付くので、そうしないようにする努力をしています。
「こうしてくれたら嬉しいな~助かるな~」とかそんな言い方ができればと思います。

私も負けず嫌いで、なんでそんな下から出なきゃいけないの?と思いますが、演技も必要。
言葉を選んで相手の心をコントロールすることも大切ですよね。

理不尽な怒りへの対処法

これは夫婦だけではなく、会社や地域の人間関係の中でもよくあること。
理不尽に怒られたりすることほど納得いかないことはないですよね。

ただ疲れている当てつけに余計なことを言われたり、自分のことが気に入らないから怒られたり、そういうことって確かにあります。

でもそこで「なんでそんなこと言われなきゃいけないの?!」とムキにならず、うまくかわすことでスッキリ!
いちいち気にしていたら損です。

私が思うのは「受け入れる」ことができなくても「受け止める」ことはできるということ。
明らかに理不尽だと感じてもその言葉を認めるわけでなく、相手に付き返すわけでもない。
ただ”止めておく”だけ、その言葉を宙に浮かせておけば良いと思います。

「はいはい」とあしらわないように、うまく「そうなんだね~〇〇なんだね~」と返してスルーします。

私は心ここにあらずの仏になってそんなふうに流します。
「この人はこういう性格なんだ~」「理解しあえるわけないよね~」とあきらめの気持ちも込めて、深入りしないほうが気持ちも楽です!

「そういう考え方しかできないんだなこの人は」って思えば、別にムキになることもありません。
そういうときは言わせておきましょう。(笑)

まとめ

怒りを感じることがあっても、やはり強いのは大人な対応ができる人です。
怒りにまかせて言葉を発したり、騒いだりしていては解決になりませんよね。
イラっと感じたらため込まずに、その都度ソフトに伝えることで大爆発も防げるはずです

そう言う私自身もいつもそんなクールな対応が出来ているわけではなく、今も悩むこともあります。
たまに悔しくて一人で泣くこともあります。(笑)

喉元まで言葉が出かかっても一度とめて深呼吸、そうすると少し切り替えができるはずです
毎日イライラすることはいっぱいありますが、ひとつひとつに意識を使いすぎると心も疲れてしまいます。

どうしても直らない夫の癖などは、友人や主婦友達に愚痴ってすっきりしたり、うまく発散させてなるべく気をそらしています。
案外みんな同じ悩みを抱えてるんだなって思うと、そんなものかな~と気持ちが軽くなったり

それでも気になるところ、許せないことは相手を刺激しないように冷静に伝えることで、状況が良くなると思います。

怒りを感じるのは誰にでもあることですが、うまくコントロールしながら向き合いましょう!

スポンサーリンク

ad

関連記事

苦手な職場後輩との付き合い方は?ストレスの原因は自分にあった!

苦手な後輩がストレスに 職場に苦手な後輩、嫌いな後輩がいてストレス・・・ ・嫌な仕事は断

記事を読む

おうち時間を充実させたい!家での時間をたのしく快適に過ごす方法

家での時間をたのしくすごす 自分や家族にとっていつも居心地の良い家、私にとって大切なテーマです

記事を読む

マリッジブルーとは正反対の新婚ハイとは?女性が気を付けたいポイント

浮かれすぎアピールに注意 June Brideの季節、結婚するとか浮かれ気分の人目立ちますよね

記事を読む

アラサー女子の人付き合いはめんどくさい!特に既婚と独身の溝で消耗する

女の世界はやっぱり難しい 本格的なアラサーになって最近心を悩ましているのが、人付き合い。 今

記事を読む

女性、専業主婦の再就職不安。愛知・名古屋で支援を受けるならここ!

女性の再就職って難しいの?という不安 一度専業主婦になったものの、もう一度社会で働きたい。

記事を読む

彼氏に転職してほしくない!反対!結婚願望が強すぎた私の失敗談

彼氏の転職を応援できない! 彼氏が転職をしたいらしい。 彼の口から思わぬ言葉を聞いて、あなた

記事を読む

仕事がつらい、辞めたい人はとにかくこの漫画だけ読んで欲しい

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由 「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由

記事を読む

同窓会が苦手、行きたくない!無理して参加してもストレスがたまるだけ

同窓会の誘いが来ると憂鬱 同窓会なんて出たくないのにまた誘いが…どうしよっかな~ そんなこと

記事を読む

誰かに見てもらいたい!主婦の毎日を充実させるインスタグラムの使い方

主婦のなにげない日常を充実させたい! 最近Instagramの人気がすごいですよね、センスの良

記事を読む

エンディングノートのおすすめは?いつから始める?20代の私が始めた理由

今からでも作りたい"エンディングノート" 「エンディングノート始めました!」と聞いて、何のこと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

半額

【のろちゃん】

20代後半の新米主婦です。
結婚を機に生活が大きく変わり、日々いろいろと格闘中です。
好奇心旺盛でなんでもやりたがりな性格です。
趣味はヨガ・インテリア・ハンドメイド。
あまり体が強くないので、健康についても日々勉強中です。
人との出会いやつながりを大切に、毎日の暮らしを丁寧に。

【アコ】

20代中頃までスポーツ選手として世界中を駆け回り、その後、スポーツ指導者として未来のアスリートの育成に携わっていました。
趣味は、スポーツ観戦・車の運転・美味しい物を食べること。
現在は、ふたりの子どもを育てる主婦として日々、子育て奮闘中です!

その他ゲストライターも多数執筆!

婚活で専業主婦希望ってNG?女性の結婚後の働き方を考える

専業主婦希望の男性は要注意?! 「働かずに家庭にいてほしい」

女性に優しい会社・女性が働きやすい会社の矛盾。就職・転職で気を付けること

女性に優しい会社なんて本当にあるの? 就職先・転職先を探すとき、

残業が多いから婚活や結婚ができない!私は思い切って転職してみた結果

このままでは結婚できないかも!? 仕事がハードすぎて結婚どころか

結婚前の女性の転職、働き方。大企業から地元企業への転職で大失敗!

女性ならではの転職の壁 女性にとっての転職、男性よりも難しい!と

女性がやりがいのある仕事を見つけるには?私が転職で実現させた方法

やりたいことをどう仕事に結びつけるか 「好きなことを仕事にする」

→もっと見る

PAGE TOP ↑