同窓会が苦手、行きたくない!無理して参加してもストレスがたまるだけ

公開日: 生き方

同窓会の誘いが来ると憂鬱

同窓会なんて出たくないのにまた誘いが…どうしよっかな~
そんなことで悩まされることありませんか?

私は毎回案内が来るたび、なんだかちょっと憂鬱な気持ちになります。

私が通っていた高校はどこもクラスで仲が良く、何年経っても同窓会が開かれています。
しかも3年間それぞれのクラスで。(笑)

懐かしいな~、あの子に会いたいな~と思う反面、なんだか気が進まない部分もあって、いつも出欠の返信をするのが億劫

なぜ行きたくないか…
原因はみんな同じクラスで勉強していたはずなのに、その先でできてしまった溝だと思います。
つまりはっきり言えば”勝ち負け”です。

とくに高校になると、だいたい同じようなレベルの人が集まっているはず。
なのに自分は今こうであの子はあんな生活をしている、なんていちいち思ってしまうんです。
自慢ばかりする人もいるので、なんだか聞いているだけで疲れちゃいます。

最近話題のいわゆるマウンティング女子ってやつです。
これについてもご紹介していきますね。

他にも嫌な理由は様々、過去に付き合っていた人がいて気まずい、とか恋愛や人間関係の事情があったり。

歳をとるにつれてだんだんと行きたくなくなってきた人も多いのでは?
私もそんなうちの一人です。

無理して参加してもほとんど良いことなんてなし。
迷うくらいなら、気が進まないなら、きっぱり参加しないほうが自分のためになります

自分の経験もふまえて、同窓会にたいする持論を書いてみます。

スポンサーリンク

ひたすら自慢をしたがる女性が多い

よくドラマでもありがちな同窓会シーン。
たとえば、お金持ちな男性と結婚してセレブ気取りで、勝ち誇ったような態度でそれをひけらかす女性。

これって実際ありますよね、一人や二人はいると思うんです。

そこまではいかなくても、みんな思い思いに自分の自慢話をするのがメインに
いい恰好したいと思って、良い話だけを切り取ってしているんだと思いますが、それを聞いてるのが苦痛でしょうがない…(汗)

だいたいが女どうしの自慢合戦みたいな感じ

大学時代はまだそれほど差がなかったのでもっと気楽だったのに、やっぱり結婚、出産…といろいろなイベントがあって、だんだんと溝が深まっていくような気がします。

適当に聞き流せばいいものの、なんか気になったりうらやましく思えることもあって、モヤモヤ…
「隣の芝は青く見える」状態です。

最近話題のマウンティング女子

こんな自慢ばかりする上から目線女子を「マウンティング女子」というそうです、
なんだか強そう・・・(汗)

「自分の方が優位」と思いたくて、「私の方が他人よりも幸せ!」と一方的に格付けし、それをアピールしてくる女性のこと。

どんなところにでも絶対いますよね、うんざりすることきっとあると思います

高校当時はそんな感じじゃなかったのになんか嫌な感じ・・と思ったり。
どこかでそんな自信をつけてしまったみたいです。

たしかに男性に比べて、女性は役職や社会的ステータスが分かりにくいから、自分で必死にアピールしなきゃってなりますよね。
その必死な自己アピールがどうしても鼻に付きます。

自分はとくに自慢できることもないけど、知らないうちにそんな発言をしないように気をつけなきゃ…!

実際は女性だけじゃない?!


でも実際は男性同士でもけっこう似たような話題が…!

男性はどんな話をしてるんだろう!?とよくよく聞いていると、当時の思い出話とか趣味の話をしていたり。
でも、女性ほどではないようですが少なからず同じような話題になってる!!

やっぱり男性にとっても、「こんな立派な会社でこんな仕事をしている!」みたいなのがステータス。
明らかにそれぞれの態度から不穏な空気を感じます。

たしかに話題は近況報告がメインになりがちですが、彼氏もいない、生活に何の変化もない友達はほんとに行きたくない…と言います。
その気持ちすごく分かります。

みんな気が知れているからこそ、あまり気を使わない。
だからこそそんな思いをすることになるんですよね。。

過去の恋愛関係による煩わしさ


これもありがちですが…
当時の恋愛なんて、さすがに何十年もたてばもう時効?(笑)

当時付き合っていた相手がいたり、いろいろな恋愛事情がからんでくるとさらに参加するのが億劫になりますよね。

私も経験あります、卒業してしばらくはこれがイヤでした。

当時強引にお別れした相手が毎回来るので、いつも気を使って楽しめない。(笑)
近づかなければ話さずに済むんだけど、事情を知っている周りの人が気を使ったりして、余計に申しワケない気持ちになるんです

でも実際は、もう今さらなんでもないことがほとんど。
気にしないことが一番!そこに至るまでに何年かかったことか…

そんな相手には、ふっきれて今の自分はとても幸せだよ~♪というアピールを堂々としちゃいます!
当時の私とは全然違うのよ!と、綺麗さっぱり忘れたふりをして、新しい自分だと思って接します。

これけっこう大切です。(笑)
今が良ければすべてよしと私は思いたいです。

この同窓会いくつになるまで続くの?!

この同窓会はいったいいつまで続くんだろう…といつも考えちゃいます。

今は20代でまだ結婚していない人も多いけど、この先多くの人が結婚したりママになったりすると参加できなくなって、そのうちなくなっちゃうのかな~とか。

毎回参加しないのもなんだか気がひける…
それに「参加しないやつ」と思われて、なんか理由があるんじゃないかと陰で言われるのもいや。

わがまますぎ。(笑)

でも他人事みたいですが、同窓会がいくつになってもずっと続くのはすごいことだな~と。

両親を見ていると、もう60近くになっても定期的に同窓会の案内が来ます。
どれくらい集まるんだろう?とちょっと気になりますが、母は「こんな老いぼれた姿みっともなくて見られたくないから…」と行こうとしません。(笑)

きっと自分もだんだんこんな悩みに変わっていきますよね。

無理して参加しても良いことなし

もし行くことでストレスを感じるなら、無理して行っても何の意味もないですよね。
なんとなく義務感で行っている人も多いと思うんです。

結局気が乗らないまま参加しても、良いことってあまりない気がします
意外に楽しかった!ということもたまにはありますが…

結論、行きたくないならきっぱり行かないのが一番!
中途半場に参加すると余計に嫌な気持ちになります。

ストレスが溜まって余計な悩みが増えるだけ。
考えなくても良いことを考えちゃうきっかけになりがちです

だって同窓会に行かなくても気の知れた友達とだけ集まればいいし。
単純に考えちゃいましょう、自分にとってよいことがあるのかないのかで判断すればよいと思います。

まとめ

学生時代はそうでもなかったのに、年々億劫になってきた同窓会。
人それぞれいろいろな理由がありますが、同じように人とのつながり方で悩むことが多いのでは?と思います。

当時と今では色々と大きく変わっているから、いつまでも同じような関係ではいられませんよね。
だから後ろ向きな気持ちになるのも仕方ないと思います。

自分だけじゃなくて、同じような気持ちになっている人が他にもきっといると思います。
我慢してなんとなく参加するのはやめて、自分の素直な気持ちに向き合ってみましょう!

本当にずっとつながっていきたい仲間とだけ集まれば、それいいんじゃないかな~と思います。

スポンサーリンク

ad

関連記事

マリッジブルーとは正反対の新婚ハイとは?女性が気を付けたいポイント

浮かれすぎアピールに注意 June Brideの季節、結婚するとか浮かれ気分の人目立ちますよね

記事を読む

漢方の選び方は?PMSや不妊症、体の不調に悩む方へおすすめの始め方

女性に人気の漢方治療 なんとなく調子が悪い、病院に行くほどではないけど改善したいな~ということ

記事を読む

電話が嫌い!したくない!無駄な電話に時間を奪われるのは苦痛。

その電話そもそも必要ですか? 電話が嫌い、苦痛だな~という悩みけっこう多いと思います。 プラ

記事を読む

エンディングノートのおすすめは?いつから始める?20代の私が始めた理由

今からでも作りたい"エンディングノート" 「エンディングノート始めました!」と聞いて、何のこと

記事を読む

20代女性が転職成功するには?実体験から分かった準備すべき8つのこと

女性にとって貴重な20代どう過ごす? キャリアアップ、婚活、結婚・出産・・・20代半ばになると

記事を読む

ケチな男性は本当にモテない?女性がどうしても気になる男性のお金の話

ケチな男はやっぱりもてない?! 男の人のモテない理由で多いのはケチなことやお金の使い方にクセが

記事を読む

彼氏に転職してほしくない!反対!結婚願望が強すぎた私の失敗談

彼氏の転職を応援できない! 彼氏が転職をしたいらしい。 彼の口から思わぬ言葉を聞いて、あなた

記事を読む

苦手な職場後輩との付き合い方は?ストレスの原因は自分にあった!

苦手な後輩がストレスに 職場に苦手な後輩、嫌いな後輩がいてストレス・・・ ・嫌な仕事は断

記事を読む

「旦那デスノート」の闇がやばい!夫源病に悩む女性のリアルな声

夫源病が深刻すぎる・・・! 「土日になると調子が悪くなる、一緒にいるのが苦痛」「夫が単身赴任か

記事を読む

夫の理解がない。それでも女性が家庭と仕事を両立したいシンプルな理由

家庭を持った女性が働きづらい社会 私の夫はいわゆる仕事人間、とにかく情熱をもって仕事をしている

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

半額

【のろちゃん】

20代後半の新米主婦です。
結婚を機に生活が大きく変わり、日々いろいろと格闘中です。
好奇心旺盛でなんでもやりたがりな性格です。
趣味はヨガ・インテリア・ハンドメイド。
あまり体が強くないので、健康についても日々勉強中です。
人との出会いやつながりを大切に、毎日の暮らしを丁寧に。

【アコ】

20代中頃までスポーツ選手として世界中を駆け回り、その後、スポーツ指導者として未来のアスリートの育成に携わっていました。
趣味は、スポーツ観戦・車の運転・美味しい物を食べること。
現在は、ふたりの子どもを育てる主婦として日々、子育て奮闘中です!

その他ゲストライターも多数執筆!

婚活で専業主婦希望ってNG?女性の結婚後の働き方を考える

専業主婦希望の男性は要注意?! 「働かずに家庭にいてほしい」

女性に優しい会社・女性が働きやすい会社の矛盾。就職・転職で気を付けること

女性に優しい会社なんて本当にあるの? 就職先・転職先を探すとき、

残業が多いから婚活や結婚ができない!私は思い切って転職してみた結果

このままでは結婚できないかも!? 仕事がハードすぎて結婚どころか

結婚前の女性の転職、働き方。大企業から地元企業への転職で大失敗!

女性ならではの転職の壁 女性にとっての転職、男性よりも難しい!と

女性がやりがいのある仕事を見つけるには?私が転職で実現させた方法

やりたいことをどう仕事に結びつけるか 「好きなことを仕事にする」

→もっと見る

PAGE TOP ↑