ケチな男性は本当にモテない?女性がどうしても気になる男性のお金の話

公開日: 生き方

ケチな男はやっぱりもてない?!

男の人のモテない理由で多いのはケチなことやお金の使い方にクセがあること。
とくに結婚を意識した20代後半~の年齢層にとって、これは深刻な問題ですよね。
本人は気づいていないかもしれない・・・痛いです。(笑)

ケチケチしていたり、がめつかったり、そんな男性は女性から敬遠されがちです。
というよりそれを”隠し切れない”男性ですね。

私は極端なのが苦手だし、お金の話ばかりする男性にすごく嫌悪感を感じます。

女性が結婚を意識するとき、やっぱりよく見ているのはお金の使い方。
ケチすぎるのも嫌、でも散財癖があって貯金がないのも嫌!

わがままですが、そんな女性がほとんど。

うまくバランスを取っている男性がやっぱり結婚を意識されやすいですよね。
長い目でみればそんな価値観が一番大切じゃないでしょうか、現実的には。

今までの自分の経験だけではなく、多くの友人を見てきて、本当にいろいろなタイプがいて面白いな~と。
個人的に興味深いテーマです。

自分はお金の使い方に癖があると自覚している男性、そんな男性との関係に悩む女性、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

ケチってどこから?

ケチって裏を返せば「堅実」に近いはずなのに、どうしても嫌がられますよね。
とくに男女関係では大きなポイント。

よく聞くのが「飲食代をきっちり割り勘」エピソード、ありますよね~(笑)

男性の方がお酒を飲んだり、食べてる量だってあきらかに多いのに、きっちり割り勘。
たしかになんか納得いかない。(笑)

私は男性がおごるのが当然!という考え方ではないので、せめて7:3くらいの比率希望です。
それで「申し訳ないんだけど~」なんて言われたら、全然気になりません。

合コンとかちょっとした会でも、男性・女性の負担が近ければ近いほど反感を買う・・・ちょっとかわいそうな気もしますが。

付き合う前にそれが続くと、多くの女性は「この男ケチ」というレッテルを貼ります。
残念・・・!(笑)

どこから堅実で、どこからケチなのか・・・かなり難しいテーマです。

二人のバランスが大切


付き合いだしてからもそうですが、デートのたびにけっこうお金がかかりがちなので、確かになかなかお財布もキツイ。

私は遠距離恋愛の経験もありますが、交通費だけで大きな出費、おたがいの思いやりと理解がないとうまくいかないのも当然ですよね。

でもそれでケチケチして、おうちデートばかりになってしまうとまた不満が…

友達はお付き合いを考えていた男性がいて、デートに行くときは毎回車で迎えに来てくれたそうです。
素敵!と思いましたが、その分の交通費(高速代)を毎回請求されていたと聞いて驚き・・・!

しかもETCなのに都度現金請求!(笑)

それに冷めてしまった友達は、この人は無理だと思い会わなくなったそうです。
たしかにそこまでされると・・・と多くの女性は思うはず

難しいところですが、やっぱりメリハリ大切です。
逆に女性だったら、「いつも送り迎えありがとう」とちょっとしたものを贈るのもありだと思います。

お菓子だったり飲みものだったり、相手を気遣うような本当にちょっとしたもの。
感謝の気持ちが伝われば相手も悪い気はしないし、たぶん毎回請求してはこないんじゃないかな~と。

男性も毎回デートにお金を使えなくても、たまには喜ぶようなデートに連れていくとか、そんな努力は必要ですよね。
いつもご飯は割り勘だったら、たまにちょっとしたプレゼントをしたりとか、どこかへ連れていってあげるとか。

そんな相手への気遣いでもだいぶ変わってくるはずです。
結局はお互いに小さな「もらったらかえす」の積み重ね
付き合う前でも付き合ってからでも、そのバランスで今より良い関係を築けるはずです。

“ただのケチ”“徹底的にケチ”は絶対に嫌われます!(笑)

結婚したらケチな男性がいい?

でも実際に結婚すると、それは崩れて大きく変わってくるはず。
だって多くの女性は、夫には節約・倹約を求めているから…男性も大変ですよね~(笑)

「ほしいものを何でもかんでも買わないで」
「趣味に費やさないで」
「飲み代は抑えてね」
「後輩にむやみにおごらないでよ」

こんなことを求められている男性いっぱいいるはずです。
自分へはある程度尽くしてほしいけど、家の外では徹底的に節約しろと。(笑)

あまりにも「ケチじゃないフリ」が身に付いていると、そこから脱却するのって大変。
結婚後に大きく戸惑うことになります。

はじめからそこを意識しておくだけでも違うかもしれないですね。(笑)

女性でも正直そこまで長い目で見れていない人もけっこういます。
とりあえず盛大に結婚式あげて華やかな新婚生活を満喫したい!と、そこだけを夢見ていると、「この人ケチさがないし、太っ腹だからいいな♪」なんて理由で、結婚を決めてしまうかもしれません。

一度身に付いたお金の感覚ってやっぱりなかなか簡単に変えられないといいます。
だからこそ、なんでも行き過ぎないことが大切ですね。

むやみに口に出さない


結婚前の関係であれば、むやみにお金について余計なことは口に出さないのが大切です。
相手とのことを真剣に考えているならなおさら。

やたらに「お金がなくてさ~」という人や「すごい儲かっててさ~」と自慢する人、どちらもたいていモテないです。
たとえそれが事実でも、口に出さなくていいから!!!っていう。

正直、人それぞれ生まれ育ってきた家庭環境も違うし、お金に対する欲ってあっても全然良いと思うんです。

でもそれをオープンにしてしまうと、上手くいくこともいきません。
それだけで幻滅してしまう女性も少なくないんです。
スマートにいきましょう!

長い目での付き合いを考えているなら、上手くお互いの生活から相手を探ることも大切です。
いざというときに「こんなはずじゃなかった!」となっては悲しいので。(笑)
そんなお金に関する価値観の違いは大きな溝になっていくので、怖いですよ・・・!

結婚を意識した関係なら、早めにちょっとずつ深い話ができるのが理想ですよね。
この人と結婚したらどうなるんだろう~とイメージできることは大切です。

まとめ

やっぱりケチ丸出しな男性、お金にガツガツした男性はあまり好まれませんよね。
「小さい男」なんて言われてたり、けっこう女性はそういう部分厳しいです。

かといって、いつもそれをひた隠しにして無理してもきっとどこかで粗が出たり。
ケチな性格を本質的になおすのは難しいし、する必要はないと思うんです。

ただしいつでもメリハリが大切。
相手との関係を大切にしたいなら、ある程度の辛抱も必要ですよね。
出すとこは潔くビシっと決めちゃいましょう!

男性も女性もそうですが、良い関係を築きたいなら「もらったらかえす」のきもちが大事です。
ちょっとした心配りで、関係が変えられるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ad

関連記事

マリッジブルーとは正反対の新婚ハイとは?女性が気を付けたいポイント

浮かれすぎアピールに注意 June Brideの季節、結婚するとか浮かれ気分の人目立ちますよね

記事を読む

イライラをコントロールする方法。怒りを抑えて夫婦喧嘩を減らしたい

イライラは伝え方ひとつで大きく変わる 仕事や家庭の中で、イラっとすることや怒りがこみあげてくる

記事を読む

夫の理解がない。それでも女性が家庭と仕事を両立したいシンプルな理由

家庭を持った女性が働きづらい社会 私の夫はいわゆる仕事人間、とにかく情熱をもって仕事をしている

記事を読む

アラサー女子の人付き合いはめんどくさい!特に既婚と独身の溝で消耗する

女の世界はやっぱり難しい 本格的なアラサーになって最近心を悩ましているのが、人付き合い。 今

記事を読む

同窓会が苦手、行きたくない!無理して参加してもストレスがたまるだけ

同窓会の誘いが来ると憂鬱 同窓会なんて出たくないのにまた誘いが…どうしよっかな~ そんなこと

記事を読む

誰かに見てもらいたい!主婦の毎日を充実させるインスタグラムの使い方

主婦のなにげない日常を充実させたい! 最近Instagramの人気がすごいですよね、センスの良

記事を読む

女性、専業主婦の再就職不安。愛知・名古屋で支援を受けるならここ!

女性の再就職って難しいの?という不安 一度専業主婦になったものの、もう一度社会で働きたい。

記事を読む

残業が多いから婚活や結婚ができない!私は思い切って転職してみた結果

このままでは結婚できないかも!? 仕事がハードすぎて結婚どころか彼氏もできない・・・ 「

記事を読む

「旦那デスノート」の闇がやばい!夫源病に悩む女性のリアルな声

夫源病が深刻すぎる・・・! 「土日になると調子が悪くなる、一緒にいるのが苦痛」「夫が単身赴任か

記事を読む

仕事がつらい、辞めたい人はとにかくこの漫画だけ読んで欲しい

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由 「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

半額

【のろちゃん】

20代後半の新米主婦です。
結婚を機に生活が大きく変わり、日々いろいろと格闘中です。
好奇心旺盛でなんでもやりたがりな性格です。
趣味はヨガ・インテリア・ハンドメイド。
あまり体が強くないので、健康についても日々勉強中です。
人との出会いやつながりを大切に、毎日の暮らしを丁寧に。

【アコ】

20代中頃までスポーツ選手として世界中を駆け回り、その後、スポーツ指導者として未来のアスリートの育成に携わっていました。
趣味は、スポーツ観戦・車の運転・美味しい物を食べること。
現在は、ふたりの子どもを育てる主婦として日々、子育て奮闘中です!

その他ゲストライターも多数執筆!

2018年の無印良品週間を完全解析!今すぐ50%オフで買う裏技

2018年の無印良品週間はいつ?2019年も予想! シンプルなデ

【発売決定!】うんこドリルに算数版、計算版はあるの?どんな問題がある?

2018年11月、とうとう「うんこ算数ドリル」が発売されます!

無印良品は返品可能!私の返品事例2つを実店舗・ネットストアで紹介
無印良品は返品可能!私の返品事例2つを実店舗・ネットストアで紹介

私が無印良品で返品した体験談です 無印良品って、全国にあってデザ

婚活で専業主婦希望ってNG?女性の結婚後の働き方を考える

専業主婦希望の男性は要注意?! 「働かずに家庭にいてほしい」

女性に優しい会社・女性が働きやすい会社の矛盾。就職・転職で気を付けること

女性に優しい会社なんて本当にあるの? 就職先・転職先を探すとき、

→もっと見る

PAGE TOP ↑